« 公訴時効-精神の殺人に時効はあるのか | トップページ | 「自己愛性人格障害は悪人とは違う」は違います。いえ「悪人です」 »

自己愛性人格障害者の末路ー本当の自分と劣悪な自分

これは、今となっては憶測でしかないが、父は本当の自分―自分の立派な父親に認められる容姿も頭脳も優秀な、なおかつ友人知人に常に囲まれる人望のある人間だと、思いたかったのだろう。
祖父が亡くなり、資産を自由に使える状態になり、家族を自分が養っている(そのくせ教育もなく無職でその資金も自分の父親がのこしてくれたもので、自分が勝ち取ったものではなく)気分になり、母の家にうまく取り入り全ての借金を負わせ、自分の仕事の不始末を片付けてもらう。
父にとっては、やってもらうのが当たり前であり、それは自分の権利であり、相手がそうしないのは不当だと。

そう祖母に育てられ、(母実家から祖母も父と同じ性格と聞いている)ある程度の年齢になれば、自分に誤りがある事に気付き、自分で修正もできるはずなのに、そこまでの頭もなく、家2軒分の借金を母実家に肩代わりさせ(今の6,000万位)本来なら気を使って頭が上がらない位なのに、それでももっと自分は優遇されるはずなのに、馬鹿にしていると当時22歳になったばかりの母を殴り続けた。
母は暴力を受けている事は、私にも口止めし、実家には一言も言わなかった。

姉を「本当の自分」と思いこんでいる―「優れた自分」として扱い、過去認められなかった「劣悪な自分」(自分は本当は違うんだ。誤解だったんだ。と)を母の家系に似て(よく幼少期、祖父母に言われた)ややもすると目元は自分の祖母にも似ている私、自分にあまり懐かない私に「劣悪な自分」の役割を振った。
だからこそ、私の高校進学すら阻んだのだろう。(母がいなければ、本当に行けないところだった。)だからこそ、私を否定し続け、自分がされたと思われる態度をとり続けたのだろう。

いくら表向き姉を母の実家のコネで短大に行かせ、またもコネで銀行員にし、父と同じく相手をだまして結婚させたところで、中身が伴っていないのに。
義兄は新人で、当時幹事をやっていた古株の姉が企画した新入生歓迎会の際、1回のその機会に妊娠した。
付き合ってもいないうちに、1ヶ月後エコー写真をつきつけて結婚を決めたと姉が得意げに私に話した。
何故、それが得意なのか理解できないが。
その後、自分がいかに不幸か、私や母がいかに非道かを話して同情を買っていたらしく、訳も分からず敵対視されていた時期があった。
いずれにせよ、妊娠2ヶ月半後(会って)には結婚の準備をしつつ、義兄はその頃から「引き出物が気に入らないので結婚を取りやめたい」とか、いきなり同僚女性のアパートに外泊して、義兄のお母さんに姉が迎えに来ない限り結婚はとりやめようと言わせたが、姉は堕胎することもなく、同僚女性のアパートに泊っている義兄を迎えに行き、観念したのか、その後1ヶ月後結婚した。
その時の子は残念ながら駄目だったが、息子も2人生まれ、世間的に見てもいわゆる「勝ち組」に見えるはずなのに、何故いつも不満げに、キチガイみたいに実家に6万の金の要求をし、父の全財産を盗んで、年不相応に「老けた」のだろう・・

実はつい1ヶ月程前に、近くのスーパーで姉を見かけた。
実に10年ぶり位?銀行に社員として呼ばれ勤務していると母に自慢の電話をしていた姉が、当の職場より1時間以上離れている場所で、平日昼間、職場の経路と反対方向の場所で。
嘘だったのだろうか?ブランクがかなり長い間あるのに、銀行がよく雇ったと驚いていたが。
それよりも何故あんなに顔が老け、髪が薄くなってるのに、20年前のベージュのスプリングコートを着て、20代のピンクのパフスリーブのブラウスにレモンイエローのひざ上タイトスカート(コートの下だが同じ服なので)なんだろう。
血が繋がってるから、頂けないみじめな印象をうけたが、周囲の他人には気持ち悪がられていないだろうか・・(結婚前はあまりひどい時は私が注意していた。)
ただでさえ、姉は友人が今までの人生で1人もいない。(小学校の際一時1人いたけど)子供が保育園の際も学童の際も、他のお母さんに話しかけようとすると、携帯で話したりメールのやり取りをしていたりで、忙しそうにしているので、そのまま行かれてしまったと言っていた。(そりゃ避けられているのでは?)
それで姉にPHSや携帯の白ロム実機を仕事上持っていたのであげたり、PCを覚えるようPCをあげた時期もあったが、とうとう友人はできなかったようだ。

もっとも、現在の姉はともかく、父はその溺愛し「本当の自分」と思っていた姉に、全財産を奪われ、実家の母が建てた家に寄生し、最後の「劣悪な自分」の役割を振っていた(自分の店が豊富な資金があったにもかかわらず1年たたずして失敗しているのに、私の会社は誰の援助もなく始まり、10年とりあえず皆の協力でもってとりあえずは継続している)私と母に、正当な権利でもって追い出され施設へ入った。
その少し前、デイサービスへ姉が父を預けた際に、本来なら病気のせいでたとえゆっくりでも自分の足で歩けたものを、周囲に親切にされるのに味をしめた父は、不自由さを強調し、実家に来客がある度出る必要もないのに、わざわざ いざって 客を迎え同情を誘った。
そのせいで、本当に自力で歩けなくなり寝たきりとなった。
姉に捨てられたのが余程ショックだったのか、時々母の顔もわからず、日がな一日友人もいない父は何もせず時間だけが過ぎているようだ。
父が亡くなる時、最後ぐらい人間らしく死なせてやろうかと、絶縁した叔母や姉に連絡を取ろうかと思ったが、叔母は迷惑だろうし、(生きているかわからない)姉は連絡はとれないだろうし、祖父が用意していた墓所には、祖父の最後を思うと入って欲しくないかもしれないので、このままいくと、生活保護が出ていると思われる父は、無縁仏になるかも。既に母とは離婚して赤の他人だし。

多分に父の頭の中では、「優れた自分が仕事に成功して皆を幸せにし、自分も幸せに暮らしていたが、美しく優しい娘は劣悪な妻ともう一人の娘に妬まれ、不幸にも会うこともかなわず、全財産を奪われ自分が建てた家も追い出され施設に追いやられた。」と思っていると思うし周囲にもそう言っているだろう。(事実そのような事を行く前に言っていたので)
夫と、事実を認識するより、きっと幸せな人生なんだろうと、話した。

「しかし、親父さんの人生は、本当に嘘で塗り固めた人生だな。」

|

« 公訴時効-精神の殺人に時効はあるのか | トップページ | 「自己愛性人格障害は悪人とは違う」は違います。いえ「悪人です」 »

自己愛性人格障害」カテゴリの記事

コメント

私の言いたいことが全て書かれているサイトで、
読んでいて本当にホッとしました。
私は実家でサンドバッグにされ、
家を出た後も二人の人格障害者につきまとわれ被害に遭った者です。
おそらくACでしょう。

私は人を傷つけよう等と思いません。
それがどれだけ辛いことか知っているからです。
今までの人生で明確に攻撃した相手は、
上記の人格障害者達しかいません。
その攻撃ですら、最初はわかりあいたくて相手の気持ちを考えた上での話し合いでした。
でも、それが全く意味をなさないことに気づき、
途中からは徹底的に抗いました。
そうでなければ身を守れないからです。
ですが、仰る通り人格障害者は被害者以外には愛想が良く、
平気で嘘をつき、自分こそが被害者と喚きます。
おかげで周囲からは私が悪者にされ、今ではごく一部の友人を除いて人間を信じていません。
ちなみに、理解してくれた数少ない友人は皆、以前に人格障害者の被害に遭ったことがある人達でした。
周囲の人間に恵まれた人にとっては、人格障害者の存在なんて信じられないのでしょう。あり得ない人種ですからね…。

今では私は逃げ切り、人間不信ではありますが幸せに生きています。
以前の私と同じように、半洗脳状態で自分を責めている被害者の方達が、少しでも早く逃げきれるようにと祈っています。
そして、人格障害というものを知らない人達に対しても、
人格障害者によく気をつけ、他人事と思わず、被害に遭っている人を「気にしすぎ」「貴方にも原因があったから」等の言葉で無意識に傷つけないでほしいと思います。

長文乱文失礼致しました。

投稿: 唯 | 2013年6月12日 (水) 12時28分

唯さんへ

コメントありがとうございます。
「彼ら」から逃げ切れたとのこと。またそばに理解してくれる友人たちがいるということ。
良かったです。本当に。
ご実家の「彼ら」から逃げ延びられたのは、唯さん自身が本当に頑張られたからと、傍にあなたを支えてくれた友人たちがいたのも、唯さん自身の人間的魅力もあったからだと思います。
「彼ら」のようなものを知らない人間からの言葉で、二次被害にあうこともあります。
それでも、つぶされずに生き延びられた、貴女のかけがえのない強さをこれからも信じてください。

私自身も潰されないよう、これからももっと頑張らないといけませんね。

また、遊びに来てください。happy01

ai

投稿: ai | 2013年6月12日 (水) 13時54分

私も母親が自己愛性人格障害でした。
十年以上務めたバイト先で途中から入って来た人がやっぱり自己愛性人格障害でした。
そして今、お隣の奥さんが自己愛性人格障害です。
いつ迄この人種に付き纏われるのかと、わが身の不運を嘆きます。
母には人生の大部分。バイト先でのこの人のは約十年、そしてお隣は4年以上苦しめられましたが、今は人間不信では有りますが、幸せにに暮らしています。家族と少ない友人だけで誰ともこの後、親しくなろうとは思いません。玄関をピンポンしてくる人で、良い人は一人もいません。この年になって始めて玄関に一度も出なくて良い事が分かりました。

投稿: 山田沢真理絵 | 2014年12月22日 (月) 15時51分

すいません訂正します。
勉強不足で。母は境界性人格障害かヒステリーだと思います。
お隣の奥さんは完全に境界性人格障害です。スイッチが入ると寝る迄子供や家族に怒鳴っている声が聞こえてきます。聞くに絶えない言葉を投げつけます。
最期にはキィィィィィィィィ〜〜〜、ギャァ〜〜〜〜〜〜と
凄い声で絶叫します。発狂したのかと驚かせられます。休日は朝から晩まで子供を追っかけおん回して怒鳴る、絶叫の繰り返しです。聞かされ続けるこちらは、たまったものではありません。旦那さんはなんで奥さんをおん出さ無いのか腹がたちます。

投稿: 山田沢真理絵 | 2014年12月24日 (水) 08時07分

真理絵様

aiです。
コメント有難うございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
お母様や職場やご近所にも「彼ら」のような方がいらっしゃったとのこと。ご苦労お察しします。
ご近所の方の旦那様は、触らぬ神に祟りなしで避けてるのだと思います。それだけヒステリックな方だと、文字通り何をするかわからないので。
多分に私や真理絵さんのようなタイプは、「彼ら」のようなタイプを近づけやすい。
生真面目で、目の前にいる相手が自分によもや悪意でもってにこやかに陥れようとしているとの、発想もない。
「彼ら」には格好の餌食でしょう。
幸い彼らは赤の他人です。
「断る力」を持って真理絵さんの幸せを守って下さい。
また遊びに来てくださいね。

ai

投稿: ai | 2014年12月25日 (木) 13時04分

クリスマスなのにお返事を早速ありがとうございました。aiさんの優しい心根を感じられるお返事に感じいります。私は道路族で悩んでいて、環境社会新聞社の掲示板に投稿していましたが、そこで、道路族のボスは自己愛性人格障害が疑われる事を知り、aiさんのブログに辿り着きました。内容が内容だけに、なかなか読むのがはかどりません。果たして私がコメントを書いて良かったのかと反省したり、aiさんのご返答にお礼を書くことにも戸惑っておりました。
母の事は子供心にも幼い事が分かっていました。一番肝心な時には必ずけなして自信を無くさせます。情緒的に問題のある妹ばかり可愛がり、理不尽な事に承服しかねていると、強情な子だと、押し入れに縛られて入れられました。その時の恐怖心は、今だに後を引いております。あれは一体何だったのか?今だによく分かりません。
私は心臓が悪く、働けないのですが、夫が病に倒れ、決死の覚悟で研究室のお手伝いなら、心臓が悪くても働けるのでは無いかと思い、バイトをしました。夫の全面的な協力のより、勤め上げる事ができました。しかしながら、教授より言われた退職勧告は、今から考えると、途中から入って来た自己愛性人格障害の人の策略に研究室の主要な方々がはまったのが本当の所だったんだな〜と自己愛性人格障害の事を知ってから分かりました。こんなプライベートな事を何故コメントに書くかとお不信な事と思います。インターネットの世界には不慣れで、コメントを書くと投稿用の名前が消えない事を知りました。子供のiPadを借りていますので、何時かはこのブログに辿り着くと思います。又バイト先の友人も見るかもしれません。それで詳しく書かせていただきました。この様な機会を与えて下さった、aiさんに感謝しています。

投稿: 山田沢真理絵 | 2014年12月26日 (金) 09時51分

真理絵様

aiです。
お母様が、かなり問題がある方ですね。さぞお辛かったかと思います。ただご主人の支えと真理絵さんの頑張りで、前に進むことができたのだなと感じました。
過去のお母様の理不尽な言動は、今は忘れてください。
多分に、納得のいく理由はないと思うので。
お母様も、悲しいかな忘れていると思います。悔しいですけどね。
いまは、最大の味方のご主人が側にいる。それこそが、真理絵さんの幸運であり、貴女の魅力だと思います。
また、遊びに来てくださいね。
ai

投稿: ai | 2014年12月26日 (金) 21時08分

温かいお言葉をありがとうございます。
aiさんのお幸せを祈っております。

投稿: 山田沢真理絵 | 2014年12月26日 (金) 22時25分

【自己愛性人格障害一考察 1ー「彼ら」のコミュニケーション2009年7月30日 (木)
何の根拠も無い憎悪。醜い自分と同じ場所まで引きずり降ろそうと強要。
恐いのが、もし共通の友人を持っていた場合、知らない内に「被害者」に疑いを持たせるように操作をしているところだ。
今まで長年知っていた友人が、ある日突然人が変わったように変貌する。結局のところ友人も何故いつのまにか「被害者」に疑いを持ち、被害妄想的に悪感情を持ったかは意識していない。何故なら少しづつ「彼ら」に言葉のはしはしから毒を飲まされるように、悪感情をもつよう操作されているからだ。孤立させ、実際の攻撃は他の人間にもやらせ、「皆がお前を嫌っている。私は正しい。」と周囲や貴方自身に思い込ませようとする。他人を使役するのは、「彼ら」の常套手段だ。
それだけ長い期間をかけて(多分、友人達の私に対する対応が突然変化した頃からみると2年前から。)操作するのはよっぽど暇としか思えない。「被害者」は共通の友人は失う事となる。】
遡って毎日読ませていただいています。今日この記事をよみました。バイト先の自己愛性人格障害と思われる人の言動、あの時の状況にそっくりな事に驚愕しました。今迄何故解雇されたのか?何故友人は変わってしまったのか?何故一方的に敵視されたのかが分かりました。aiさんは大変な経験をされ、尚且つブログを始め、人助けをされているのは、こんな事を安易に言って良いか迷いますが、きっと選ばれた人なのでは無いかと思います。何故なら私の夫は、こんな心の綺麗な人は居ないと思える様な稀有な人格の持ち主ですが、何故か大変な経験ばかり遭遇し、その都度、答えを出しその為に散財する事も惜しま無い人間です。夫には何とか幸せになって欲しいと何時も思って居ましたが、最近では、苦労をした夫には気の毒だとは、思いますが、aiさんと同じ選ばれた人間なのかと思って居ます。aiさんのお陰で沢山の人が助かっていると思います。ありがとうございました。

投稿: 山田沢真理絵 | 2014年12月28日 (日) 11時03分

真理絵様

コメント有難うございます。
aiです。過去の職場での理不尽な状況の理由がわかって良かったです。ずっと、もやもやしたものを引きずってらっしゃったかもしれませんから。無自覚のまま。かなり、スッキリされたと思います。
また、ご主人様も、真理絵さんにとって理解のある素晴らしい方と拝察しました。そのような方に伴侶として選ばれた真理絵さんも、文脈から見て謙虚で純粋な方だと思います。
だからこそ、傷つきやすい。私にも覚えがあります。日常、「彼ら」のような人間の、文字通り「騒音」に悩まされ、神経を逆撫でされることもあるでしょう。
ただ、密室の家族ではなく、「彼ら」が赤の他人の場合、断ち切ることもできます。容易ではありませんが、頑張って戦ってください。必ず断ち切れます。真理絵さんには、最大の味方が付いているのですから。
また、遊びに来てくださいね。

ai

投稿: ai | 2014年12月28日 (日) 23時53分

私の父親は同じような感じだけど
借金の額が13億とかかな
外で悪いことしてヤクザ怒鳴り込んで来たとき
こいつがやりましたと言ってその場から逃げだし
ヤクザがお前の親父クズや
かわいそうな奴やなと言って同情され
何もせずに帰る
それと女の人を異常な目で見る
広い場所でも痴漢かと思うくらい近寄る
逃げても近寄って髪のにおい嗅いだりしてる
本当に恥ずかしい
後女子供に暴力
話の9割は嘘と架空の自慢と悪口
言ってはいけないんだろうけど
はやくポックリ逝ってほしい

何を言っても無駄な人間で
精神異常なのに法的に責任能力ありとみなされ
行政が介入することもできない
こんなのが居る限り関わった人が不幸になる
人が困ったところをみて子供の用に喜ぶ
キチガイ
お互いきついですね

投稿: 山本 | 2015年1月16日 (金) 17時56分

山本様

コメント有難うございます。aiです。
借金の金額が大きすぎますが、大丈夫ですか?
もし、たとえ保証人になっていなくても山本様のほうに請求が来るようであれば、遠慮なく弁護士(県の弁護士会とか)に相談した方が良いですよ。
血縁で、家族から犯罪者を出したくないと躊躇すると、油断すると命までとられる危険はあります。

もっとも、そんな親でも自分をつくった人間と思うと、思春期の時は自分自身をおぞましいと思ってしまった時期もありました。
ただ、もし他の血縁者で信頼できる人間がいれば、少しでも自分を許せる気がします。

ご自分を大切になさってくださいね。
また、遊びに来てください。

ai

投稿: ai | 2015年1月19日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244635/51983480

この記事へのトラックバック一覧です: 自己愛性人格障害者の末路ー本当の自分と劣悪な自分:

« 公訴時効-精神の殺人に時効はあるのか | トップページ | 「自己愛性人格障害は悪人とは違う」は違います。いえ「悪人です」 »