« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月

言論統制?

最近「保育園落ちた。日本死ね!」の記事が巷をにぎわせている。国会審議にまで行き、政治的にも利用されデモまでされている。
汚い言葉で書いたブログ主は、確かに残念だったかもしれないが、どうしても、個人的には少し見通しの甘さを感じていた。人それぞれ賛否両論はあるだろうけど。私個人の考えではね。

で、普段は書かない記事にコメント投稿してみた。反論が多かったが、賛同者もいた。
今日は、別な記事に

「保育園落ちた日本死ね」ブログをほめるな 石井孝明
http://agora-web.jp/archives/1671910.html)2016/03/10 

とYahooさんにも紹介されていたので、コメントを投稿。
この記事に賛同したので。よかったら、見て下さい。
「あるアメリカ人の信条・・私が求めるのは保証ではなくチャンスなのだ。
国に扶養され自尊心と活力を失った人間にはなりたくない。・・」とっても良いことが書いてあります。
だが・・4回も投稿したのに反映されない。2回に分けたら、2回目の少ないコメだけ反映。
肝心な事が反映されないので、他の類似の記事にもコメント投稿。反映されない・・
5年前の震災時に、動画サイトのコメントで「メルトダウン」「炉心溶融」とかを必死にいれても反映されなかったことを思い出した。(当時震災直後だったので、発表されていなかった)

なので、とりあえず自分のブログに、自分のコメントを掲載してみる。
(もし、記事を削除してほしいとの要望がありましたら、お話伺います。)

「もともと、保育所は勤務していて子供をみる方がいない、また病気で見ることができない方や、シングルマザーやシングルファザー(一人親が仕事をしなければ生活できない)や低所得者のためのシステムだったはず。このトビ主の取材記事を拝見しました。
次引用**
夫婦共にフルタイムで、上の子はすでに保育園に入っているというトピ主さま。この状態で全ての保育園に落ちたそうです。「私が仕事を辞めても生活はできますが、子供の学費、老後の費用、もろもろ考えると働かざるをえません。そして仕事は私の一部です」(「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログはついに国を動かすのか?」から引用 2016/03/10 http://www.yomiuri.co.jp/komachi/plus/spice/20160309-OYT8T50046.html
**
将来の学資や老後の資金を貯蓄したいのはわかりますが、国や自治体や保育園は、優先順位を考えます。」
特段、過激でもない、他の現在掲載されているサイトの記事を、引用して、しかも自分のコメント。何故??
ちなみに、次に「追伸です。子供を産みたくても退職せざる終えなかった世代もあります。また、そうならないように、周囲の環境を変え、工夫して頑張ってきた人もいます。でも、今回のようなブログで国会にまで審議がいったり、デモをしたり署名活動して政府だけを批判するのはいかがかと思いますね。自助努力や、計画性をないがしろにして、依存し、声高に政府や周囲のせいにする人が増えてきて、怖いですね。 」(2016/03/10 18:06 )

は無事投稿できました。そのあと、投稿しようとすると「1回しかできません・・」の注意書き。この間、私3回連投したけど・・しかも、今回その自分のコメントに「返信」という形で投稿してみたら、一度は反映されるのに、また反映されずに消えてしまう・・

なので、自分のブログに掲載してみました。
法に触れない限り、言論の自由は保障されていますので。

「保育園落ちた日本死ね」ブログをほめるな 石井孝明
http://agora-web.jp/archives/1671910.html)2016/03/10 から引用です。
「あるアメリカ人の信条」

私は平凡な人間にはなりたくない。
自らの権利として限りなく非凡でありたい。
私が求めるのは保証ではなくチャンスなのだ。
国に扶養され自尊心と活力を失った人間にはなりたくない。
私はギリギリまで計算しつくしたリスクに挑戦したい。
つねにロマンを追いかけ、この手で実現したい。
失敗し、成功し…七転八起こそ、私の望むところだ。
意味のない仕事から暮らしの糧を得るのはお断りだ。
ぬくぬくと保証された生活よりも、
チャレンジに富むいきいきとした人生を選びたい。
ユートピアの静寂よりも、スリルに満ちた行動のほうがいい。
私は自由と引き換えに恩恵を手に入れたいとは思わない。
人間の尊厳を失ってまでも施しを受けようとは思わない。
どんな権力者が現れようとも、決して委縮せず、
どんな脅威に対しても決して屈服しない。
まっすぐ前を向き、背筋を伸ばし、誇りを持ち、
恐れず、自ら考え、創造し、その利益を享受しよう。
勇気を持ってビジネスの世界に敢然と立ち向かおう。

ディーン・アルファンジュ(米政治家)

(http://www.freerepublic.com/focus/f-chat/1483975/posts)
An American's Creed
Dean Alfange
I do not choose to be a common man
It is my right to be uncommon...
If I can. I seek opportunity... Not security.
I do not wish to be a kept citizen,
Humbled and dulled by having the state to dream and build, to
Fail and succeed.
I refuse to barter incentive for a dole.
I prefer the challenges of life to the
Guaranteed existence; the thrill of
Fulfillment to the stale calm of utopia.
I will not trade freedom for beneficence
Nor my dignity for a hand out. I will
Never cower before any master nor bend
to any threat.
It is my heritage to stand erect,
proud, and unafraid; to think and act for
myself; enjoy the benefits of my
creations; and to face the world boldly
and say, "This I have done with my own hand,
I am a man. I am an American.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »