« 盗まれる記憶 | トップページ | 母が入所しました »

「彼ら」の記憶障害

「彼ら」にかかわっていくと、まず最初に驚くのが「彼ら」と対峙する被害者との記憶の祖語だ。

「彼ら」の言葉を真に受ける、信じて行動する→
そうしてそれがもとで被害を被る。又は嘘だと判明する。→
その事実をもとに「彼ら」に苦情を言うなり修正を求めるなりする。→
「彼ら」はそのような事を言っていない。と言い張り、こちらの記憶違いか思い違いと言われる。→
何度か繰り返され、不審を抱いて第三者を立てて、「彼ら」にその事を追求しても、貴方が悪いと、第三者にもそう思われるように、大げさにため息をつき呆れたように第三者をも自分の共犯者に仕立てようとする。
間に入った第三者も、あまりに自信のありそうな「彼ら」の態度に、どちらに非があるか分からなくなる。
この時、間に入った第三者が、「彼ら」のようなタイプを知らずに、今まで平穏無事に生きてきた人間だと厄介だ。
悪気なく、「思い違いじゃないか、気にしすぎじゃないか、貴方にも悪いところがあったのでは?」との考えに誘導される。
何と言っても、「彼ら」のような「邪悪な人間」の存在を身近に感じた事もなく、感じたくもないのだから。
味方になってくれると信じていた第三者が、「彼ら」に同調して貴方の「敵」になる。
貴方は、信頼していた第三者までも、自分に非があるように言ってきたため、「やはり自分に非があったのだろうか?私は「彼ら」の言うように頭がおかしいのだろうか?」と絶望的になる。
その機を狙って、「彼ら」は貴方が信頼していた第三者の言葉を繰り返し、貴方が自分を守る意思を放棄するまで、追い詰める。
貴方は、自分自身を責め、周囲の人間達が、我慢を重ねて自分と付き合ってくれていたと思い、自分が生きていてはいけないものと思い、「彼ら」の奴隷と化すまで・・

当時の「私」を支えてくれたのは、祖父母との記憶と、可愛がってくれた叔父だった。
学校の道徳教育と、日本国憲法と、書物と絵だった。
長じて知り合った、私を好いてくれた友人達だった。
肉体的な暴力は、痛みを精神から切り離せば、骨折までなら、多少は我慢できた。
問題は、精神の暴力だ。それは、生きていく気力を奪う。
「彼ら」は、それに長けている。

だが、第三者から見て「真実」に思えるほどの「彼ら」の記憶のねつ造は、何故なのだろう。
本人がそう思い込んでいるとしか思えない。
だが、別な部分では、それが違う事を、知っている。
この矛盾した現象は何故なのだろう。
昨年、別な人物で、それを目の当たりにして、その異様な現象に、夫と顔を見合わせた。
最近、そういった人物がニュースにもなって巷を賑わせている。だからか、その答えの一つと思われる記事を見つけた。

1.ストレス記憶障害

加齢や事故ではなく、私たちの身近にあるストレスによっても記憶障害になる場合があるそうだ。
これは、そのまま放っておくと起こりうる危険であり、ストレスを受けるとそうなるということではない。
通常、ストレスを受けると、不眠になったり、円形脱毛症になったり、ついには「鬱病」になったりする。
そのまま放置し、過度なストレスにかかり続けることで、下記のような現象が起きるそうだ。

1.脳が嫌だった記憶を消そうとする。
2.ストレスは、脳内の「海馬」を委縮させてしまう。

メカニズムの1 無意識に脳が記憶を消そうと働く。
あまりにも耐えがたい・受け入れがたい経験は、脳が記憶から切り離そうとしてしまい、結果として記憶障害の症状が出ると考えられているそうだ。

メカニズムの2 ホルモンが、記憶をつかさどる脳の器官を委縮させる。
強いストレスが加わると、「コルチゾール」(別名ストレスホルモン)が分泌される。
これは、本来なら人間にとって必要なものだが、大量に分泌されると「海馬」を委縮させてしまう。
「海馬」は脳内で短期記憶を主に司っている。これが、ストレスホルモンの影響で縮んでしまうと、記憶障害の症状が出ると考えられるそうだ。

これは、「彼ら」のスケープゴードにされた人間が、ついにはなる現象だと思う。

実は、私にも覚えがあるからだ。
私は、自慢じゃないが、周囲から記憶力が良いと(人によっては、それが怖いと)言われる方だ。
だが、このブログを書き始めるきっかけとなった「M」に、「酷い暴言」を吐かれた時、体が痺れて座ったまま立ち上がる事もできない程の衝撃を受けながら、その直後から、その内容を全く覚えていない。
覚えているのは「こんな事あるはずがない。」との思いと、「私の聞き違いじゃないか?」との自己否定になる思いだけだった。
何度も思い出そうとしたが、未だに思い出せない。
逆にそれが、私の恐怖になった。
姉や父や時々の母に言われた事も、ここに書いたように断片的にしか覚えていないが、それでも他人の「M」に言われたショックよりは、日々言われていたせいか免疫があったのか、そこまでの衝撃を受けなかった。
昨年、仕事上で「彼ら」と思われる人間にかかわった。
その際の暴言は、記録できたし、覚えてもいる。
少しは、免疫がついたということか、とも思うが、本来なら知らない方がいいことだ。

「彼ら」も、そもそも私達と同じ「人間」だったはずだ。

私達が自分の精神を守り自分が生きていく為に、「彼ら」の悪行の記憶を消すように、「彼ら」は本来の自分を証明する為の記憶(ストレスにしかならない)を消したのかもしれない。
そうして、私達は消してしまった記憶の替りを作ることなくいるものを、「彼ら」の場合は理想の自分を証明する為の記憶に作り上げてしまったのだと思う。

その繰り返しが、「彼ら」の脳そのものを破壊し続けたのかもしれない。

|

« 盗まれる記憶 | トップページ | 母が入所しました »

自己愛性人格障害」カテゴリの記事

コメント

私も記憶の塗り替えについて理解できない所です、
姑は若い時の勤め先を自分の子供にまで偽っていて、何十年も経ちひょんな事から本当の職場が判明しました。
姑に確認すると一瞬本当に記憶が無い様に「何を言っているの?」という表情をし、しばらくして思い出し元は同じ建物(希望の職場の建物)の中だったから間違いじゃないと嘘を認めた様なものでした。
そして数ヶ月後また聞くと、以前の様に希望の職場の名前を言い張りました。

最初は記憶が塗り替えられ本人が思い出すのに時間がかかった事に驚きましたが、頭の何処かで嘘と知り自分まで欺く事に底知れぬ闇を感じました。
まさに「本人がそう思い込んでいるとしか思えない。だが、別な部分では、それが違う事を、知っている。」
こうなる原因に姑の場合あまりにも受け入れ難い経験とかは無さそうです、ただ性格的に異常な負けず嫌い、嫉妬、妬みが有ります。
一流と比べて劣る自分を認めたくないという感じです。

そして自分の事は忘れたを連発するのに、私の事は何年も前の事でも一言一句まるまる記憶している感じで気持ち悪いぐらいです。
自己愛は長年かけて自分を捏造して行き嘘がばれる恐怖から 脳内の嘘で固めたシェルターに逃げ込んでいる気がします。

本当に心から笑った事があるのか?と思う反面、自分が嬉しかった事を映画の一場面のように大げさに話してみせる、大げさゆえに事実か?と疑わしく何処かで聞いた話の様に思えます。
私に執着し私を記憶する、私が話した内容を自分のことの様に何処かで話しているかも知れませんね、彼らに自分の記憶を渡さない様にとの事、心に止めておきます。

投稿: ami | 2016年5月 9日 (月) 15時32分

自己愛の兄を持つ者としてうんうんとうなずける内容でした。私も幼少期から頭のおかしい兄から暴言や記憶改ざん、暴力を受け続けた結果、ストレスでどうにも思い出せない部分がいくつか出来ました。

今では兄は、私の必死の訴えにより家族、親戚に正体がばれて絶縁状態になったのですが、どうにもその経緯がほとんど思い出せないんですよね・・。
何かあってその部分が消えてしまったのかもしれません。
記憶障害事態はそれ以前に、うつ病にかかってからポツポツと現れていたのですが・・。
どうしようもなく受け入れがたいほどの理不尽、自己中心、なぜあのような人間が生きているのかそればかり考えてしまいます。

投稿: ジュノ | 2016年7月 5日 (火) 20時08分

理想の為に記憶を作り変える「彼ら」に今までどれだけ精神を擦り減らしてきたかを思うだけでとにかく暗澹たる気持ちになります。
彼らの場合、理想を作り上げる為、ターゲットのみならず周りも巻き込んできました。しかしながら、ようやく少しずつですが彼らの正体に気づく人が出てきました。私も上司に何度も訴えてようやく彼らの正体を知りましたが、彼らの行動は見過ごされています。なんせ、嘘であっても彼らが理想の為に造られたものは彼らの本当であるかの様な行動の為に正当化されてしまうのです。なんとかならないんでしょうか。

投稿: baubau | 2016年7月 5日 (火) 21時13分

香菜子と言います。自己愛性人格障害、自己愛性パーソナリティ障害は自覚症状があるのでしょうか?私は自信家で自分大好き人間ですが、たまに自己愛強すぎとか傍若無人だとか言われることがあります。自分としては傲慢高飛車な態度をとっているつもりはありません。香菜子

投稿: 香菜子 | 2016年7月14日 (木) 15時20分

ami 様

コメントありがとうございます。
aiです。
実は、5月になってからここ数か月、個人的にばたばたしておりました。
もう、ご覧になっていないかもしれませんが・・

彼らの記憶障害-脳のメカニズムは、多分に対峙した人間にしかわからないかもしれません。
ただ、怖いのは私自身の記憶だったはずの、様々な経験や言葉が、「彼らの記憶」と彼らに繰り返し言われ続けると、それが実は本当で、私自身の経験や言葉や記憶こそが間違っているのではないか?と思えてくるときです。

私は、自分の記憶を手放すことの不安に、記録をとり(これも後に彼らも記録をとり、それを証拠としました)証人をつけ、周囲の状況を映像で自分の目に焼き付けるように記憶しようとしました。

彼らの経験や言葉ではないと確信できたのは、確かめようとしなかった私に、友人が言った一言でした。
「何言ってんの。それは、aiが言ったんだよ。」
「え?おねえさんじゃなくて、aiでしょ。それやったのは。」思い込まされていた私は、引き下がらずに姉の言ったことをいいつのると、「物理的に不可能」その理由を友人達は、私に説明しました。

私は、友人や周囲の大人達には、恵まれたと思います。
「彼ら」は、常に「被害者」であり、「善人」です。
その立ち位置に疑問を持つことを拒否し、自分が相手にした行為や言葉を、自分が受けたものとして周囲に話し(つまり、それが相手を傷つけることを知っている)相手の位置にすり替わります。
例え、何も知らずに聞いたとしても、騙される人が多いことに暗澹たる思いがします。

できれば、「彼ら」に見つかって取りつかれたくはないですね。
また、遊びにきてください。

ai

投稿: ai | 2016年8月 6日 (土) 16時07分

ジュノ 様

こんにちは。aiです。
お返事遅くなってごめんなさい!
5月からここ数か月ばたばたしておりました。
機会があったら、お話ししたいと思います。
やはり「彼ら」がらみなので。

>今では兄は、私の必死の訴えにより家族、親戚に正体がばれて絶縁状態になったのですが、・・

周囲の人たちが信じてくれて、良かったです。

>どうにもその経緯がほとんど思い出せないんですよね・・。

たとえ、どんなに嫌な記憶であろうと、自分の記憶がなくなるのは、嫌ですね。

ただ、人間は、生きていくために、生きていくのに障害となる記憶を自ら消し去ってしまう。
そうであるなら、覚えていてはいけないものなのでしょう。脳に書き込むことを、拒否しているのかもしれません。
その同じメカニズムが、「彼ら」と、私たちでは、ありようが違う、ということなのかもしれません。

覚えている中でも、やはりどうしても納得できない、場合によっては、相手に「生きていてはいけない」とまで思ってしまう(そこまで他者に対して思いたくないのに)そういった呪縛からは、解放されたほうが私たちのためにはいい。

私たちの人生の時間が無駄になります。

ただ、思うのです。
嫌な思いもし、理不尽なこともされ、自分の送るべきはずだった人生を変えられたかもしれない。それでも、「彼ら」にかかわって、「本当の幸せ」とは何か(月並みかもしれませんが)大切な人たちは誰か、もしかしたらわからなかったかもしれないそれらのことを理解し手に入れることができたと。

「彼ら」に潰された人間も多いと思います。
ですが、生き延びた人間もいる。
ジュノさんも、そうだと思いますよ。

>なぜあのような人間が生きているのかそればかり考えてしまいます。

昔、萩尾望都という漫画家(私の好きな方です)が書いた、実は実際にそういう古代宗教があったのですが、生きている人間のあらゆる罪を背負って、生きている限り蔑まれ嫌われて生き続けなければならない「贖罪者」と「彼ら」がだぶるときがあります。
3日間王の暮らしをさせてもらう(その間ネロのように何をしてもいい)代わりに鞭で打たれ目を打たれ焼き鏝され去勢され、荒野に追放されます。
人間だった記憶が薄れ、獣になって彷徨う・・
興味があったら、読んでみてください。

どこかで、けじめをつけて、「彼ら」の事を忘れ、自分の大切な人生の時間を取り戻してください。

また、遊びにきてください。

ai

投稿: ai(ジュノ様) | 2016年8月 6日 (土) 17時10分

baubau 様

こんにちは。aiです。
コメントありがとうございます。
お返事おそくなってごめんなさい。
ここ数か月、個人的にばたばたしておりました。
やはり「彼ら」がらみです。

>しかしながら、ようやく少しずつですが彼らの正体に気づく人が出てきました。

気づく人がいて良かったです。
気づく人がいないまま、こちらがやられる場合も多いですから。

>嘘であっても彼らが理想の為に造られたものは彼らの本当であるかの様な行動の為に正当化されてしまうのです。なんとかならないんでしょうか。

時間はかかりますが、あきらめずに訴えるしかないです。ですが、これは私も反省していますが、そればかりに一生懸命になって、自分の事がおろそかになる場合もあります。

仕事上であれば、baubauさん以外にも実被害をこうむる人間も出てきます。
一人で立ち向かわずに、被害者みなと、権限のある上司に「会社にとっての不利益」を訴えて動いてもらうしかないですね。
baubauさん。諦めないでくださいね。

また、遊びにきてください。

ai

投稿: ai(baubau 様) | 2016年8月 6日 (土) 17時18分

大変な時期にお返事ありがとうございます
「彼らに記憶を渡さない」の意味が分かりました、確かに経験あります。
私がしもしていない事をしたように匂わす、面と向かって非難されれば「していない」と否定できるのに、第三者を洗脳し一緒になって私が酷い人間のように遠巻きに何度も匂わす。
その内、ひょっとしてそんな事をしたのだろうか?万が一証拠の品が有りはしないか?と有るはず無い物を必死で探しました。
後日、疑われているようだが私はしていないと直接言うと、「そんな疑うなんてしていない!何を悪くとっているの!」と疑った事すら否定し、更に私は冤罪のまま人生が続きます。
彼らの口癖は「私がそんな事するはず無い」「私がそんな人間なはず無い」です、自分の理想を掲げた言葉ですよね。

以前は神様なんていない、時間が解決するなんて嘘だと思っていましたが
最近彼らの矛盾が周りに理解されつつあり、流れが変わってきました
そして海馬の萎縮により私は将来アルツハイマーになるかも と思っていましたが、今では人智を越えたものがある限り救済はあるような気がします。
どんなに酷い目にあっても仕返しせず自分を守ってこれたんです
彼らのように人を苦しめる事ができない私達は、細胞の何かが違うはずです。
きっと楽しい事を選んで日々を過ごして行きましょうね
ちょっと意味不明な内容ですみません(^ ^)
このように考えられるようになったのもaiさんというこの場があったからです、ありがとうございます。

投稿: ami | 2016年8月10日 (水) 11時31分

ai 様

お久しぶりです、ロッドユールです。

近況報告ですが、8月に夫が姑との絶縁を実行しました。

aiさんに頂いたアドバイス、姑の言いなりになる事を刷り込まれている夫が、姑とまともに対決しても夫に勝ち目が無いという事。
そして、姑は相手の言葉尻をつかまえて反論して来るだけなので、話し合いをしても不毛な会話が続くだけで結論が出ないという事を踏まえて、夫の思いと絶縁の理由を書いた手紙を姑に読ませるという手段を取りました。

この手段であれば、「俺が言いたい事はここに全部書いてある」という夫の固い意志を一方的に示す事が目的なので、たとえ姑が手紙を読まなくても、「俺の決心はそこに書いてある通りだから、おふくろが読まないならそれはそれで構わない」と終わりに出来て、姑の不条理な反論に応じないで済ませられると思いました。

でも一番効果があったのは、「おふくろはA子(私)の家の財産を狙っている」と姑の本心を夫が暴露した事でした。
正当化しようのない事実を息子に突き付けられて開き直った姑は、自己愛の特徴を余すところなく息子に披露し、結局姑の自滅で絶縁が成立する事になりました。

たかる事を正当化出来る伯母(姑の姉)が姑を助けてくれるうちは、疎遠でいてくれると思いますが、執念深い姑の事ですから、このままで済まない事は覚悟しておかないとと思いつつ、今はホッとした気持ちでいます。

絶縁の準備から成立までを「支配からの脱出」というタイトルでブログに記録しています。
お時間がある時に、良かったら読んで頂ければと思います。

投稿: ロッドユール | 2016年9月 4日 (日) 15時26分

ai様
コメントをいただいていたのにも関わらず、遅くなってしまいすみません。久しぶりにaiさんのブログを見て返信させていただきました。
aiさんのコメントにとても嬉しくなりました。
ただ現在は理解していると思っていた上司がやはり自己愛の要求に負けてしまい私への理不尽な仕事をさせるなどあまり良くなっていません。しかも自己愛は自分の意見には正当性があると主張している始末です。
彼らの頭の中にはすでに私に対する憎悪というべきものを証明するための記憶の改ざんが常におこなわれているようです。たぶん解決するとは思えない問題で気持ちが塞がる思いになります。
aiさんのおっしゃるように訴えることで道が開かれると信じつつやっていきます。

投稿: baubau | 2016年10月 6日 (木) 01時43分

元夫のモラハラ常習&確信犯から逃げています。
話し合いにならずに、都合が悪いと「覚えていない。記憶にない」しか言わないので、それならカウンセリングを受けて欲しいと言うと、
「誰だって都合が悪い事は忘れて当然でしょ?」と言いました。
つまり、覚えているんです。

投稿: スランバー | 2016年10月23日 (日) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244635/65358051

この記事へのトラックバック一覧です: 「彼ら」の記憶障害:

« 盗まれる記憶 | トップページ | 母が入所しました »