「ドラマな日々」サイトマップ

カテゴリー「硬派な夫」(現在7記事)

夫は、剣道2段(ホントは3段)に居合い、車はA級ライセンス、登山とマラソンで身体を鍛え、ピーター=オトゥールのようにピンと背筋が伸びて姿勢の良い、肉体年齢が非常に若い、だがカチカチの知的労働しかしたことのない、何事も「粛々と・・」「筋を通す」「信ずる者は我一人」(自分のみを頼みとして自責し、他に依存しないこと)が好きな「硬派」だ。結婚前はダンディを絵に描いたような生活臭のあまりしない夫であった。
その夫にも意外な(おもしろい)欠点?があった・・

1/2「硬派な夫」編ー正月はじゃがバター(他6記事)

カテゴリー「自己愛性人格障害一考察」(現在131記事)

私自身の実体験と、自己愛性人格障害に関する専門書を含んだ書籍6冊、心理学書籍20冊あまり、学生時代教育心理学及び心理学を勉強し、教職の資格はとったが、(今の仕事は全く違う)素人ながら、同様の被害に遭った方へ「前へ進む手がかり」となることを願って私なりに考え調べた結果である。

専門家ではないので、専門家諸氏には異論もあると思うが、事実に基づいた私なりの見解と、本文中の記載の中には専門家の見解を踏まえた上で記載した。

また、治療に向かって努力されている方には、厳しい内容だが、自分が生きている人間世界のルールの一つの見解として捉えて欲しいと思う。

このページは「常人よりほんの少し優しい人々」だったがために、「いわれのない被害に遭い、今も苦しんでいる人々」を優先して書かれたものだから。

「自分の親が、あの人は自己愛性人格障害かも?」「自分が自己愛かも?」という判断は専門医の診断を受けるか、慎重に判断して欲しいと思う。

このサイトを読むにあたっての注意事項

困った人々―自己愛性人格障害

自己愛性人格障害一考察 1―「彼ら」のコミュニケーション

自己愛性人格障害一考察 2―モラルハラスメントの加害者

自己愛性人格障害一考察 3―その原因

自己愛性人格障害一考察 4―「被害者」は何故被害に遭ったのか
AC・共依存と自己愛性人格障害に関しては末尾にあります。

自己愛性人格障害一考察 5―「彼ら」のその後 ※治療に関する結論は末尾にあります。

自己愛性人格障害一考察 6―チェックリスト

自己愛性人格障害一考察 7―善意の医者

自己愛性人格障害一考察 8―外見からの共通点?と「彼ら」との付き合い

自己愛性人格障害一考察 9―「怒り」を持てない「被害者たち」

自己愛性人格障害一考察―「彼らの事情」

aiのこと

ドラマになっている!?「彼ら」のこと

額の傷

今の時代の「彼ら」

もしかして「彼ら」?

人間失格―自己愛性人格障害

ドラマな「彼ら」

金言

「世間が許さない」―自己愛性人格障害

父のこと

人間の三大タブー

医師の事情

共依存

外から見た「彼ら」の特徴(箇条書き)-自己愛性人格障害

今日の良い事

25人に1人

子供の頃の食事のこと

被害者のはずが加害者に・・

「彼ら」の会話―自己愛性人格障害一考察

ドラマになっている!?「彼ら」のこと その2

ドラマになっている!?「彼ら」のこと その3

「彼ら」と家族であった場合

「彼ら」にコントロールされる?人間―利益追求型

「彼ら」の嘘の見分け方(同情を引く編)-自己愛性人格障害一考察

人間は1人では生きていけない

みんな自己愛?

意味の無い命はない

犯罪者?より劣悪な自己愛性人格障害

「彼ら」はつらいか?

「彼ら」を助けたい?―場合―自己愛性人格障害一考察―あくまで私見

「彼ら」に人生をかける?!人々

母の独立記念日

メランコリー親和型

戸籍のこと

他人(ひと)のせいじゃないよ

ストーカー自己愛性人格障害から逃れる方法

自己愛性人格障害とAC又は共依存

「彼ら」が書いた?

ACに対する誤認

メールを下さった方へ ※メールを下さった方の要望で書いたブログ記事でのお返事です。

自己愛憤怒後の被害者の自責感

脳のかたち

優しさ

被害者は治療者にはなれない

現代型?うつ病・・??

うつ病治療へ脳バンク拡充

祖父の履歴書-1

祖父の履歴書-2

祖父の履歴書-3

2つの疑問 その1

2つの疑問 その2

祖父の急死

祖父の死の原因

公訴時効-精神の殺人に時効はあるのか

自己愛性人格障害者の末路-本当の自分と劣悪な自分

「自己愛性人格障害は悪人とは違う」は違います。いえ「悪人です」

父が私と母を殴らなくなったわけ

父は改心したのか?

自分が実行した事、やろうとしている悪い事をされると思いこんでいる「彼ら」

虐待者は何故虐待するか?

自己愛性人格障害のフリをする自己愛性人格障害

父は殴らなくなったが、悪意のある行為が続く・・

「”いのち”は最後の切り札だ。」

悪意の誘導

自己愛性人格障害の末路-父の場合

因果応報ー自己愛性人格障害(父の場合)

無題 

三途の川のほとりで

祖母の笑顔

母は海へ行く

母-いなくなる

脳は崩壊を回避する

祖父の写真

祖父の写真-疑惑

悪はいずれ白日のもとにさらけだされる

「彼ら」の容貌に関しての要因の一つ?

除籍謄本からの推測1

除籍謄本からの推測2

記憶-そして「彼ら」に作り替えられる

消えた指輪

「彼ら」は他人を操作する その1

「彼ら」は他人を操作する その2

パートナーが「彼ら」で、別れた後の 「この大きな喪失感」は何故か?という方へ

最近の流行り?

「鬼の宿」から「山桜」へ

不思議な事が続く

人格障害とS氏

食べ方

悪意のない間違いは(不正に)含まない・・悪意のない間違いとは?

だから「彼ら」に騙される

遺書の真意

遺言は果たされるか?

写真は嘘をつく-嘘をつかない?

「姉ちゃんは、それが危ない事だと分からない。だから、近づくな。」

被虐待児は虐待はしない

母が認知症になりました

完全犯罪

もう一つの命

被虐待児は虐待をしない2

虐待をするのではないか?と不安なあなたへ

心理的虐待の被害者が選ぶ2つの生き方?

過去の記憶は美しい夢になる

「彼ら」(自己愛性人格障害)外見的特徴-考察の一つ

もう一つの命2

溺愛という名の「呪い」

胡蝶の夢

ダブルバインド

淘汰

好意の返報性

隠そうとする心理

型どりの笑顔

「彼ら」のコピー能力

イネイブラー(支え手)

猫の居場所

「彼ら」のゲーム

超極限的制止

祈り

盗まれる記憶

「彼ら」の記憶障害

カテゴリー「aiのひとりごと」(現在23記事)

信頼と信用

PC壊れる!

2月最終日・・果たして?

新しい春

オリンピックに思うこと

行動する人達

飢えて死ぬ子供たち

きれいごと

生き延びた・・・

小鹿のような目

可哀そうな人

言葉

aiのまだ続いていた?癖

学びの時

おかしな人達

戦い

やっぱりドラマな日々

罪の意識がない

「ドラマな日々」書籍化!

「ドラマな日々」出版します!1ヶ月後に・・・

「ドラマな日々」発売!

言論統制?

母が入所しました

カテゴリー 「笑っちゃいけないハードな話」(現在2記事)

日々の笑っちゃいけないハードな体験と体験者から聞いた話。深刻な事に深刻になるのは当たり前だが、時には笑い飛ばせば新しい展開も見えてくる。そんな「元気」になる話?

登山編―崖から落ちる!(他1記事)

カテゴリー 「恐い話」(現在1記事)

日常の中の「恐い話」・・恒例の「幽霊談」、ちょっと不思議な出来事・・やっぱり生きた人間が一番恐い!?

鎧武者幽霊?編

カテゴリー 「小さな幸せ」(現在16記事)

日常の中のほんのちょっぴり「嬉しくなる事」「わくわくどきどきする事」
結構この世界は捨てたものじゃない!と思える事ごと・・

もう夏も終わりです

気付いた命

秋の便り

閑話休題ーリベンジならず

今日の嬉しいこと

昨日の良いこと

勝負月

10月最終日

秋の贈り物

激しい氷雨の降る中、皆さんはどうしますか?

学ぶ時期はその時しかない

新しい年です!

終の棲家

これだから続けていられる

気分転換しようよ!

やっと休める

コメント

この記事へのコメントは終了しました。